確定申告と源泉徴収でお金が返ってくる?

確定申告とは、その年の収入をすべて合算し改めて税金を計算することですね。

money-256312_640

ですから勤務先からいただいた給与以外の収入がある人、たとえば会社が終わったあとアルバイトをやっていたりネットを使って副業などの収入がある人などは原則として申告つまり確定申告をしないといけません。

ただしアルバイト先からいただいている給与明細に事前に所得税が引かれている場合は確定申告の必要はありません。

スポンサーリンク

会社勤めだけをしている人は会社に提出する年末調整だけで、改めて確定申告をする必要はありませんが、年間の給与が2,000万円を超える場合は確定申告をする必要があります。これは義務ですハイ!

ここで出てきた年末調整とは会社員の場合は毎月のお給料から自動的と言うか強制的に所得税が天引きされています。

これを源泉徴収と言いますが、税金の率は同じ給与額で1年間働くことを想定して決められていますが、手当が付いた、または減らされた場合や昇給などで給与が増えたなどで変動することも考えられます。

そこで年末調整で増減した1年間の給与を改めて計算しなおし、よけいに払った税金を返してもらったり、あるいは足りない税金を払うことになります。

ただ、年末調整で税額が確定しても年間の医療費が10万円をこえたり住宅ローンでマイホームを買った人。株式投資で損を出した人、投信の分配金や配当を受け取った人などは確定申告をすることで税金が返ってくることもあります。

また、原稿料や賞金などは源泉徴収がされているので、税金が返ってくることもあります。
詳しくは国税庁のホームページで確認することをオススメします。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ