イオンモール常滑、行ってきました。あれ?あなた警察官?

すいませ~ん。駐車場はここから入るんですか?と聞いた相手はガードマンではなく警察官でした(汗)

場所は?

2015年12月4日(金)にオープンしたイオンモール常滑行ってきました。オープンしてから半年過ぎてし、そんなに混んでも無いだろうと思い行ってきましたイオンモール常滑。駐車場の近くまで来てビックリ!コストコが道を挟んだ反対側にありました。事前になにも情報を入れてなかったので、「な~んだここか~」ってな感じです。

すいませ~ん。駐車場はここから入るんですか?と聞いた相手はガードマンではなく警察官でした(汗)

伊勢志摩サミットが近いこともあり駐車場付近では警察の車両や警察官の姿を見ることができました。上空では自衛隊の大型ヘリコプター3機が飛んでました。大型のヘリコプターを普段は見ることはないので、ちょっとだけテンションが上がります。

駐車場へは意外とすんなり車を停める事ができました。正面玄関の近くに停めることができラッキーでした。

ベビーカー?

入るといきなり目についたのがこれ!

↓  ↓  ↓

DSC00538-min

DSC00539-min

DSC00540-min

DSC00541-min

トヨタ自動車のブースで無料で借りれるようです。これ1台制作費が30万円するそうです。別に電動で何かの部品が動くこともなければ、とうぜん車じたいも動きません。

子ども(4歳まで)を乗せる以上安全上の規定がきびしく、これだけの制作費がかかるそうです。

せっかくだし、我が息子にも乗せてあげようと借りることにしました。40台準備してあるそうですが、すべて出払っていて、しばらく待つことに。私たちの前には3組の家族が待ってます。

スポンサーリンク


借りる時に簡単な手続きが必要で携帯の番号を聞かれます。嫁と冗談で言ってたんですが、これは、当然非売品なのでネットオークションに出せば高い入札があるよ!なんて笑って話してました。

もしかしたら盗難防止のために電話番号の登録が必要なのかもしれません。個人的な考えですが。

色は何種類ありました。戻ってきた順番に借りることができ、私たちの番になる直前にレッド、ホワイト、ブルーの3台が戻ってきたので息子のリクエストでブルーを借りました。

食べるところはたくさんあります。

私たちがイオンモール常滑に着いたのはお昼でした。お腹も空いてるので腹ごしらえが先です。イオンモール常滑の2階にはフードコートがあります。1階にはレストラン街があり我が息子は決まって「スガキヤ」と言います。ですからフードコートに行くことに決定です。

食事も終わり出ようとしたらフードコートのはじっこに、こんなお店を発見。

DSC00536-min

 

DSC00535-min
お腹いっぱいですがせっかくなので「メロンパンアイス」を購入。税込み400円でした。
あったかメロンパンに冷たいアイスがはさんであります。息子に「おいしい?」と聞くと「ふつう」と言ってました。5歳の息子に食レポは無理なようです。

嫁に食べた感想を聞くと「ふつう」と言ってました。あ~あ。ほかに何か言うことないんでしょうか。私も食べて見ましたが感想は「ふつう」でした。

「和のおもてなし」

イオンモール常滑は中部国際空港が近いこともあり海外からのお客さんに「和のおもてなし」を感じ取ってもらえるような作りだそうです。「宿場町」をイメージしたレストラン街「常滑のれん街」は和の環境で統一され「のれん」が似合う和洋中のお店が並んでいました。

DSC00588-min

遊びがたくさん。

イオンモール常滑の隣には「ワンダーフォレストきゅりお」があり一年中楽しめるフィールドアスレチックや全長600メートル超えの本格的なサーキットコースもありました。

サーキットコースの利用は車の免許がない人は簡単な講習が必要なようです。また、会員登録やらカートのレンタル代やら、結構お金がかかります。

DSC00542-min

DSC00548-min

野外ステージでミニコンサートやってました。

まとめ

イオンモール常滑はとにかく広く歩き回るのにけっこう疲れました。さいわいモールのなかには休憩するためのイスがそこら中に置いてあるので助かります。

ただ、一つだけ気になったのは男性用のトイレの中に個室が一個しかないことです。これだけでかい、イオンモール常滑にしてはトイレが小さいかなと思いました。

スポンサーリンク


コメントを残す

*

このページの先頭へ