正しいシャンプー、効果的なトリートメントはこれ!

子どもの成長。

何かと忙しい私、毎日帰りが遅く6歳になる息子と一緒に風呂にはいれるのは週に1回で日曜日だけ。久しぶりの日曜日いつものように息子の体を洗おうと思って声をかけたら「自分で洗える!」と言ってきました。

息子を見てるとしっかり洗えてます。たぶん、母親が洗い方を教えてると思いますが子どもの成長ぶりには感心させられます。

6歳の息子に怒られました(泣)

息子の次は私が洗う番です。いつもにように頭から洗います。私の場合は上から下へと洗って行きます。上から汚れを下へと落とす感じですね。いつものようにシャンプーを手に取りちょっとだけ水を足して頭に乗せ洗い出すと、「え~洗い方間違ってるー」といきなり息子に怒られました。

私の場合シャンプーを少しだけ手に取り、そのあとちょっとだけ水を足してそのまま頭に乗せゴシゴシ手で洗います。1回だと泡もたたず洗った気がしないので軽くすすいで、また同じことを繰り返し頭を2回洗ってるんですがこれがいけないそうです。

正しいシャンプーの仕方

ここからは、嫁のアドバイスです。ちなみに嫁の実家は美容室なんですが本人は美容関係の仕事には行きませんでした。

話しを戻してまず洗う前にブラッシングをするのが鉄板(てっぱん)です。(ちなみに鉄板とは「間違いない」「確実な」というギャンブルや芸能界でよく使われる意味の言葉です)

ブラッシングをすることで頭皮の血行が良くなり、髪の毛のからみ・ほこりはある程度取れます。ペットを飼ってると毎日お風呂へ入れることはできないのでブラッシングで汚れを落とすのと同じですね。

ワンポイントアドバイス>>静電気の少ないウッドブラシなどを使うと髪の毛への負担もかなり減りますよ!

次に濡らす。

時間にして約2~3分、少し熱めの温度だいたい40度くらいで、すすぎを行います。この「すすぎ」の作業で髪の汚れは70%程落ちてしまいます。

次はシャンプーをつける。

あらかじめスポンジなどで立てた泡をつけることで、髪の毛同士の摩擦を防ぎます。このとき爪は絶対立てず指の腹でマッサージするように、地肌を洗うことを意識します。シャンプーの仕方は「毛の流れに逆らう」が基本。下から上へと洗います。

広告

はい!次はすすぐ。

洗い残しがないように十分すぎるくらい洗い流しましょう。

私がよくやってしまう2度洗いは絶対に避けましょう。

どうしても気になる方は1度目の量の半分の量でシャンプーを行ってください。

効果的なトリートメント

1.水気を軽く切る(犬みたいに頭をブルブル振るのはやめてください(笑)

2.髪の毛にトリートメントをつける

なるべく地肌につかないように気を付けます。(ちょびっとむづかしいですか?)

3.時間をおく

特にダメージが気になる時は2~3分ほど時間をおいてください。

4.すすぐ

シャンプーと同じくらい、洗い残しが内容に十分にすすいでください。

髪の毛の乾かし方

タオルで髪の水分を拭き取ります。ゴシゴシと強くこすらないようにしましょう。ドライヤーは、頭皮から15cm以上は離し、熱風が一ヵ所に集中しないようにします。
髪が濡れたままの就寝は、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮をいためてしまいますので必ず乾かしましょう!

男の人、私もそうなんですが髪が短いと自然に乾くからとドライヤーを使わず自然乾燥させますがハゲの原因になるそうです。ご注意ですハイ!

以上、嫁に聞いた正しいシャンプーの仕方でした。

コメントを残す

*

このページの先頭へ