乳化したエンジンオイルの原因は?

エンジンオイルを交換してから3週間後、トヨタのディーラーへ行ってきました。


もちろん、この3週間のあいだボンネットを開けレベルゲージで自分なりにエンジンオイルの様子を見てましたがレベルゲージでの確認ではエンジンオイルが乳化してるかは、ハッキリとはわかりません。

ただ、シリンダーヘッドのフィラーキャップを外してみるとキャップの中に水のようなものが確認できます。

やはりエンジンの中に水分が入るようです。

おそらく空気中の湿気が集まったものだと思います。

で!

3週間後にディーラーへ行きオイルを抜いてみると、こんどは乳化していない正常なエンジンオイルが出てきました。

とりあえず安心です。

やはり原因はフィラーキャップがしっかり閉まってなくて、すき間から湿気をふくんだ空気がエンジンの中に入ったことでエンジンオイルが乳化したと考えられます。

1回目のオイル交換のときフィラーキャップを締めるときにネジ山を噛んでしまい、しっかりシリンダーヘッドにキャップが密着してなかったのでしょう。

あきらかに整備士のミスです。

エンジンオイルの交換という単純な作業でおこった整備士の怠慢(たいまん)だと私は思います。

たかがエンジンオイルの交換だからと気が抜けていたんでしょう。

とりあえずエンジンオイルとオイルフィルターを新しいものに交換してもらいました。
とうぜん費用はディーラーに負担してもらいました。

残念なことに作業がすべて終わったあと整備士からは謝罪の言葉なんてありませんでした。

これからどうする!?

こんかいはエンジンに異常が出なくて良かったと思いたいのですが問題はこれからどうするかです。

このトヨタのディーラーでオイル交換やら点検や車検などを受けていくつもりだったのが今では不安だらけです。

ただ、これからはどこでオイル交換や点検などを受けたとしても、かならず自分の目で確認だけはしたほうがいいと思いました。

コメントを残す

*

このページの先頭へ