クロワッサンたい焼!美味しかったけど大丈夫?

今日は家族と近くの大手のショッピングモールへ出かけてきました。
昼食は専門店街の中のうどん屋さんで博多うどんを食べました。

久々のヒットでした。旨い!

芸能人みたいな食レポなんて、できませんから画像でどうぞ

DSC_0085
スマホで撮ったので美味しくは見えませんけど(笑)

うどん屋さんを出たら向かいのお店で行列ができてました。
「銀のあん」というお店でした。

DSC_0086

 

「クロワッサンたい焼」を買うための行列でした。
なにやら「クロワッサンたい焼」は今、人気のスイーツらしいです。

この場合、スイーツと表現するんでしょうか?
なにせ、こういうお菓子にはうといもんですから・・・・。

後ろに並んでいたカップルの男性の方が「クロワッサンたい焼」って何?
と女性に聞いたら「えーっ!クロワッサンたい焼を知らないの~」
なんてバカにしてました。

わたしも知りません・・・。

せっかくだし、わたしたち家族も並んで買いました。
「クロワッサンたい焼」6個。6個買うと専用の箱に入れてくれます。

P1030233
たしかに美味しかったです。しかし、次からは並んでまで買おうとは思いません。

店内製造のお菓子は大丈夫?

【スポンサードリンク】

 

わたしは菓子パンが好きでよく買いますが
メーカー製の包装(ほうそう)パンは原材料の表示やカロリーの表示があり
添加物や栄養成分などがわかるようになってますが

店内製造のパンやお菓子には原材料の表示やカロリーの表示はなく
何で作られているか、わかりません。
店内製造のパンやお菓子には表示する義務がないからです。

スーパーやコンビニのお弁当にも原材料やカロリーの表示や
添加物や栄養成分の表示がありますが、有名なお弁当屋さんにはありません。

考えてみると怖いですね
もしアレルギーを持ったお子さんがいる場合は
店員さんに原材料を確認した方がいいかもしれません。

もっと、つっこんだ話しをするとイベント会場の屋台はもっと心配です。
以前、屋台で買って食べた食材で食中毒になったという
ニュースを観たことがあります。

ただ、「メーカー製造の包装(ほうそう)パンやお菓子
それにコンビニの弁当は食べないほうがいい」という解説もあります。

こうした食品にどれだけ大量の食品添加物が使用されているか
そこに使われている食材にどれだけ、ひどい原材料が含まれているか
わからないからです。

以前、中国で生産されたチキンナゲットの事件もかなりショックでした。
いまさらですが!

賞味期限と消費期限との違いはなんでしょう?

消費期限は、豆腐や牛乳、弁当、生菓子など
品質が老化しやすい食品に表示してあり期限が過ぎたものは
衛生面で問題があるため期限内に食べてしまう必要がありますが

賞味期限はスナック菓子、缶詰など長く保存ができる食品に
表示されていて、おいしく食べられる期限なので少しくらい期限を
過ぎても食べられます。

かと言って開封した食材は、なるべく早く食べたほうがいいですハイ!

コメントを残す

*

このページの先頭へ