クルマを新車に買い換えたし、せっかくだからドライブレコーダーも付けてみようと
決心したのが3年前。

大手通販で買いました「ユピテルのドラレコDRY-FH330」

ドライブレコーダーと言ってもピンからキリまであって値段も数千円から
数万円もするし、どれを買ったらいいのか素人にはわかりません。

そこで選んだのが「ユピテル」でした。

ウブで何も知らない若い頃、アマチュア無線を趣味にしていたころから
知っている「ユピテル」通信メーカでは有名だし信頼できるだろうと思い
買ったのが間違いの始まりでした。

もちろん個体差はあります

はじめに断っておきますが人間と同じように物にも「個体差」というのが
あります。

わたしが買った「ユピテルのドラレコDRY-FH330」も
たまたま運が悪かっただけかもしれません。

この事を前提にお話します。

どんな不調?

スポンサードリンク

録画されていません。(致命的です)
録画されないドラレコなんて、ただのジャマな箱です。

最初の異常

思い起こせば「ユピテルのドラレコDRY-FH330」を買って2ヶ月くらいしたころ
走行中に「ピッ」「ピッ」とドラレコの本体から音がします。

取説を見ても該当する解説がないし、まだ保証期間中だったので
メーカーへ電話をすると

「とりあえずこちらへ送ってください」とのこと着払いで送りました。

とみこ

「異音の原因は付属のメモリーカードを使ってないので本体との相性が悪いからです」

との返事です。

「ユピテルのドラレコDRY-FH330」を買うと4GBのメモリーカードが
付属されています。

しかし、4GBのメモリーカードでは容量不足なので自分で32GBの
メモリーカードを買って使ってました。

取説にも4GB~32GBのメモリーカードに対応と書かれていたので
大丈夫だと思ったわけです。

ところがメーカーは「付属の4GBのメモリーカードを使ってください」
と言います。そんな訳で使ってました。

メーカーから本体が戻ってからは音も鳴らないし快調に動いているものと
思っていたのでドラレコのことは忘れていました。

それから数ヶ月後、たまには録画されているであろう映像を
確認してみようとしたら・・・・

とみお

「ん? んんん?日付が2013年」

この「ユピテルのドラレコDRY-FH330」を買ったのが2016年6月のはず
なんで2013年なんですか?

映像もさっき走っていた場所でもなく、遠~い過去の映像のようです。

本体の設定を確認すると、確かに日付が2013年になっていました。

とりあえず取説を読み直して、すべての設定をやり直すことにしました。
さらに取説には1週間に1度はメモリーカードの初期化が必要なようです。

とみお

「めんどくさ!」

それからは、毎週土曜日の朝にメモリーカードの初期化をすることを
習慣にし、ついでに日付も確認するようにしました。

映像の確認はしなくても大丈夫だろうと過信していたのが間違いでした。

それから1年以上過ぎたころ映像を確認すると、やっぱり録画されていません。

日付はまた2013年に戻っています。

もう保証期間も終わっています。

公式ページをみて驚きの事実が!?

買い換えるのももったいないのでメーカーへ修理を依頼しようかと思い
公式ページを見てみると修理代が8,000以上かかるそうです。

とみお

「なら新品が買えるじゃないか」

さらに見ていると「ユピテルのドラレコDRY-FH330」のアップデートされたソフトが
公開されているではありませんか。

ネットで検索すると、同じような不具合が出ているユーザーがいて
「アップデートしたら使えるようになった」という書き込みを発見しました。

わたしも、わずかな望みをもって、やってみましたソフトのアップデート。

あれから1週間、ワクワクドキドキで映像を確認してみると

とみお

「・・・・・・・・・・」

2014年 2019年 2013年が混在したファイルが仲良く並んでいます。

とうぜん、いつの映像かわからない動画が映っていました。

とみお

「わけわからん!」

長くなりました「まとめ」です

結局、新しくドライブレコーダーを買うことにしました。

最近はいろんな事件があってドライブレコーダーは必需品になりました。

今回の件で勉強になりました。

もちろん個体差はあると思いますが「安物買いの銭失い」に
ならないように気をつけないといけません。

値段が高ければ良いとは限りませんが、数千円のドラレコは要注意です。

とみお

もちろん「ユピテル」はもう、懲り懲り(こりごり)です。

※「こりごり」とは、ひどく懲りて(こりて)2度と同じことは
しないという意味です。念のため。

スポンサードリンク