行ってきました、名古屋の東山動植物園。息子のとつぜんの「行きたい!」から始まった
計画ナシのお金無駄使いレポートです。

日曜の朝、いつもは昼近くまで寝ている息子がめずらしく朝7時過ぎに起きて
「どっか行きた~い」と寝ぼけたことを言ってきました。

最近はどこにも連れていってないし、天気も雨が降りそうな予報はありません。

「たまには出かけるか!」ということで自分も前から行ってみたかった
東山動植物園へ行ってきました。

東山動植物園は入園料も大人500円、中学生以下は無料、駐車場は800円です。
予算も抑えることができそうです。

途中、渋滞もなくナビの予想に近い1時間20分くらいで到着。

さて、駐車場は空いているかと見てみると、東山動植物園の正面の駐車場は満車。
朝10時くらいには正面の駐車場は、すでに満車でした。

正面の駐車場は想像以上に小さく、近所の公園程度の大きさ。
イオンや長島スパーランドのような大きな駐車場が完備されているものだと
勘違いしてました。

事前にネットで下調べが必要

行く前にネットで下調べをするべきでした。

駐車場は東山動植物園の周りを囲むようにあって、はじめて行く人にとっては
わかりにくく、各駐車場の場所をあらかじめナビに登録しておくといいかもしれません。

わたしは何も考えずに来てしまい、動植物園は目の前にあるのに目の前を通り過ぎて
ゲートへ入って行く人を見てるだけでした。

近くには、いくつかコインパークがありますが、どこも満車。

少しくらい歩くのを覚悟して駐車場を探すしか無いと考えていると1人のおじいさんが
こちらを見て手招きをしてます。

「空いてます?」

「今だったら止めれるよ。一日、1,800円ね! クルマのキーは預かるよ」

どうも自宅の駐車場を臨時に貸しているようです。

奥へ詰めていって、奥のクルマを出すときには手前のクルマをおじさんが
お客から預かったキーでクルマを動かすシステムのようです。

少しばかり抵抗があるので却下です。

少し走り出すと

1,500円と書かれたウチワを見せて手招きするおじさんを発見。

「クルマのキーは預ける?」

「持ってって」

駐車料金は高いけど、探し回ることを考えると時間もムダをするのもどうかと
思い手を打ちました。

カメラのメモリーカードはお忘れなく

なんとか園内に入ることができました。

ところが「一難去ってまた一難」です。

正面玄関で記念写真を撮ろうと思ったらカメラの画面に「SDカードが入っていません」
の文字が・・・・。

いつも、入れっぱなしのカードが今日に限って入っていません。
なぜカードを出したのかはわかりませんが、とにかく撮影が出来ないのは事実です。

自分に怒れるし、この絶望感。せっかくここまで来たのに写真も撮れないし
手に持っているカメラはただ重いだけでジャマな存在です。

スポンサードリンク

あきらめの悪いわたしは考えました「観光地だったらわたしみたいなアホのために
SDカードを売ってるかもしれない」
と、そんな訳でわずかな望みを売店に期待して
歩き出しました。

ありました!

東山動植物園の北門から入った右手の奥にある土産物のお店にありました。

ダメ元でお店のおばちゃんに聞いてみるとカウンターの下からゴソゴソと取り出して
「これですか?」

助かった~

少しばかり高いですがしょうがありません、無いよりはマシです。

8GBのSDカード、1,480円で買いました。

とりあえず、記念写真は撮って帰れます。

今回の東山動植物園はなにも計画せず、また下調べもしないまま来たせいで
通常は800円ですむところを高い駐車料金を払うことになりました。

しかもカメラのカードを入れ忘れるという失態をおかしてしまい
ここでも余計な出費でした。

スポンサードリンク