なるほど情報満載、まずは覗いてみてください。

GoToトラベルでガーデンホテル オリーブへ泊まってみました

今回、GoToトラベルキャンペーンを利用して長島温泉ガーデンホテル オリーブへ泊まってきました。

スポンサーリンク

ホテルの感想

いきなり泊まってみた感想ですが

いいホテルでした!!

今回、泊まるホテルは嫁に任せることにしてまして、予約したホテルは「長島温泉ガーデンホテル オリーブ」

行く前にネットで口コミなどを検索すると、どのサイトも良いことばかり投稿されています。
良い書き込みには必ず悪い書き込みもあるのが普通ですがガーデンホテル オリーブにはありません。

ただ一つ気になったのはちょっと古いホテルらしいということ。

公式サイトでは建築年月日が1970年2月で改築年月日が1991年1月となっています。

実際、行ってみると古さは感じません。

ガーデンホテル オリーブ

ホテル内は何処もキレイに掃除が行き届いて快適です。

ガーデンホテル オリーブ

案内された部屋は和室。

早速、カーテンを開け窓の外を見るとナガシマスパーランドの大観覧車が見えます。

当然、部屋もキレイです。

ただ、戸惑ったのが部屋に入るさいのドアの開閉です。

引いたり押したりするドアではなく引き戸でした。

ガラガラガラと横に引くタイプです。

スポンサーリンク

1日目

自分たちがホテルに到着したのは午前9時半ころ、チェックインは14時ですからフロントで受付だけ済ませます。

ガーデンホテル オリーブ

ガーデンホテル オリーブ

ガーデンホテル オリーブ

奥に人が見えますがレストラン「木かげ」です。

宿泊についての説明を受けます。

たとえば、なばなの里やナガシマスパーランドに無料で入れる通行証や無料シャトルバスの使い方など、その時に夕食の時間を決めてしまいます。

ガーデンホテル オリーブ

ガーデンホテル オリーブ

「なばなの里」へ行くための無料シャトルバスを予約するか聞かれますが自分達は自家用車で行くことにしました。

説明を一通り聞いてから夕食の時間までホテルから歩いて5分もかからないナガシマスパーランドへ遊びにいきました。

荷物は無料のクルマ100台は駐められる屋内(立体)駐車場に止めてあるクルマの中に置いておくことにします。

ガーデンホテル オリーブの宿泊客はナガシマスパーランドのパスポート割引(宿泊当日と翌日)の特典があります。

夕食はビュッフェスタイル

公式サイトでは約100種類の和食、洋食、中華が準備されているそうです。

これだけ種類が多いと「たいして美味しくないのでは?」と思ったのですが、ところがどっこい。

美味しい!!

どれもこれも美味しいです!!

寿司も天ぷらもその場で作ってくれ、味も手を抜いてません。

隣のお客さんは「カニ」ばかり親の仇(おやのかたき)のように食べてました

ちなみにアルコール類は別料金です。

なばなの里

夕食の後は、とうぜん「なばなの里」へ行きます。

ホテルから無料のシャトルバスが出ていますが自分たちは自家用車で10分くらい運転して到着です。

通常は2,300円の入場料を払いますがホテル宿泊客は通行証を見せればタダで入れます。

何度でも

去年も来たことがあるんですが、いつ見てもイルミネーションとBGMが合っていて幻想的で感動します。

なばなの里イルミネーション

なばなの里イルミネーション

長島温泉 湯あみの島

なばなの里で腹いっぱいイルミネーションを楽しんだあとはホテルへ戻って「長島温泉 湯あみの島」へ行きます。

湯あみの島へは専用通路を通って歩いても行けるそうですが自分たちはシャトルバスを利用することにしました。

このシャトルバスはお客さんがいれば定刻に関係なく出るそうです。

湯あみの湯の入館料もホテル宿泊客なら通行証を見せればタダで入れます。

何度でも

2日目

家族がまだ起きる前に自分だけ朝風呂を楽しむことにしました。

tomio
さそっても起きませんから

朝風呂はガーデンホテル オリーブ内にある「オリーブの湯」です。

ガーデンホテル オリーブ

ガーデンホテル オリーブ

1階から2階のオリーブの湯へ上がります

大浴場と露天風呂とあります。

朝食

朝食も「レストラン 木かげ」でビュッフェスタイルでいただきます。

朝から和食、洋食関係なく、好きな物を好きなだけ食べれるのは幸せです。

味も文句のつけようもなく美味しいし!

ジャズドリーム長島

朝食を済ませ部屋で一息ついた後、忘れ物がないかよ~く確認したあとチェックアウト。

2日目の予定はジャズドリーム長島で買い物です。

ここも無料のシャトルバスで向かいます。

ジャズドリーム長島は嫁の希望で行くことになりました。

女性には向いてますが買い物に興味の無い自分や子どもには人気の無いエリアみたいです。

そこで、自分と子どもは嫁と別行動を取ることにしました。

嫁もそのほうが気兼ねなく買い物を楽しめるようです。

まとめ

今回はGoToトラベルキャンペーンを使って、いつもだったらお高いホテルでもちょっとだけお安く泊まることができました。

スポンサーリンク
旅行
最新情報をチェックしよう!
error: 右クリックはできません。