【本音で口コミ】伊良湖リゾートホテル竜宮の宿は穴場だった!

スポンサードリンク

はじめに

半年前に福井県へ一泊二日の旅行に行ったばかりで、まだ泊まりで出かける予定はなかったんですが息子がホテルへ行きたいと言い出したので行ってきました伊良湖リゾートホテル竜宮の宿。

息子は旅行とは言わずホテルへ行きたいというのがお決まりで、今回も近所のジョイフルで晩ご飯を済ませた帰りのクルマの中で「ホテルへ行きたい」と親の財布の中のことなんか気にもせず、さらっと言ったのです

時は小学校の春休み、ぐうぜん共稼ぎの父親と母親の仕事が月曜日休みの週がありました。

「日曜日の夜、泊まるんだったら空いてるんじゃない?しかも安そうだし」の一言で家からで3時間弱の伊良湖へ行くことが決まってしまいました。

伊良湖リゾートホテル竜宮の宿

竜宮の宿

(※公式サイトより引用)

今回は観光目的でもなく遊園地で遊ぶ目的でもなく、どこでもいいからホテルに泊まることが目的。

息子はホテルだったら何処でも良いんです。

そこでリーズナブルなホテルということで「伊良湖リゾートホテル竜宮の宿」に決まりました。

竜宮の宿

外見はホテルと言うにはちょっと小さめ。

いままでも家族で旅行に行きましたが、こんな小さなホテルは息子は初めてなので「ホテル?」と疑っていました。

自分は若い頃、スキューバダイビングに行って泊まる所といえば民宿だったりプチホテルが多かったので、どこか懐かしい感じがして不満なんてありません。

スポンサードリンク

驚きの対応

受付を済ませるとスタッフの綺麗なお姉さんが手荷物を持ってくれ、部屋まで案内してくれました。

今までも何度かホテルや旅館に泊まったことはあったんですが手荷物を持ってくれ、部屋まで案内してくれたホテルや旅館はなかったので、もうビックリです。

そりゃ~超豪華なホテルで高い部屋に泊まるお客さんだったら、こんな対応があるかもしれませんが、ごくごく普通のホテルでごくごく普通の一般ピーポーのお客に対して、神対応です。

案内された部屋では一通りの説明を受け、綺麗なお姉さんは戻っていきました。

またまた驚きの事実が発覚!

一通り部屋を見渡し、畳の上に座ると(和室をチョイスしました)テーブルの上には、あたたかいお茶が用意されていたんです。

たぶん、受付をしている時に別のスタッフさんが用意してくれてたんでしょう。

この気配りというか、おもてなしには、ただ豪華なだけのホテルに見習ってほしいものです。
伊良湖リゾートホテル竜宮の宿は3階建てなんですがエレベーターやエスカレーターが無く、車椅子やお年寄りには、ちと不便かもしれません。

我が家族は日曜の夜泊まったので、お客さんは我が家族の他2組だけのようでした。

風呂は貸し切り状態、自分達以外誰も入っていませんでした。

嫁は自分1人だったので怖かったと言ってました。

大浴場とは言えない風呂ですが1人で入ると広いし、ちょっと薄暗い風呂なので怖かったかもしれません。

薄暗いと言っても不気味な暗さではなく、落ち着ける明るさに調整してあるということです。
観光地のホテルにあるような、お決まりの露天風呂はありませんでした。

食事は最高

竜宮の宿

※この後も次々に料理が運ばれて来ました。

食事は今風のビュッフェタイプではない食事でした。

息子は食べれる物がないと言ってました。

小さな子どもには好きなものを好きなだけ食べれるビュッフェタイプがいいかもしれません。
自分も嫁も食事の量や種類も満足で、味も申し分なく美味しかったです。(息子よゴメン)

竜宮の宿

※岩の中に亀がいました。

朝食も当然、美味しく満足でした。

竜宮の宿

竜宮の宿

おわりに

今回は観光目的ではなく息子の「ホテルへ行きたい」の一言で決まった、近場でリーズナブルな一泊二日の旅行が目的でしたが昭和生まれの自分としては「伊良湖リゾートホテル竜宮の宿」は満足できるホテルでした。

伊勢湾フェリー

※伊勢湾フェリー、朝1番目の出航です。

ただ、ホテルを10時にチェックアウトして、そのまま家に帰ると昼過ぎに着いてしまうし、それでは面白くないので伊良湖名物(?)のイチゴ狩りをやって、それでも時間があるので蒲郡のラグーナテンボスに寄って遊んで帰りました。

いちご狩り

ラグーナテンボス

結局、高くつきました。

最新情報をチェックしよう!