痩せてる人。必見!こわ~い「痩せ型糖尿病」

最近、お腹周りが気になる私ですが
「糖尿病」の気配はまだないと思いますが用心だけはしてます。
ところが自分は痩せてるから「糖尿病」の心配はいらない!
なんて安心はできないそうです。

 

041

あなたは知ってますか?(どこかで聞いたような・・・)
厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」によると
糖尿病と糖尿病予備軍をあわせると2,050万人いるそうです。

つまり5人に1人が糖尿病か糖尿病予備軍ということになるそうです。(怖!)

スポンサーリンク

日本人の糖尿病の95%以上が
肥満や運動不足が原因のⅡ型糖尿病がといわれているそうです。
ですから私もふくめて、みなさん肥満対策をしてますか?

では「痩せた人は大丈夫」というと、これが安心できないそうです。

日本人の肥満度は世界的に見ると166位と非常に低いらしくて
むしろ「痩せ」の国と思います。ところが、糖尿病ランキングは6位だそうです。

つまり、日本人の糖尿病の特徴は「痩せ型の糖尿病」で
これは日本人の多くが「倹約遺伝子」を持つためということらしいです。
それに加えて、日本人は欧米人に比べて
遺伝的にインスリンを分泌する能力が低いそうです。

「倹約遺伝子」(別名 肥満遺伝子)とは使うエネルギーを少なくし
あまったエネルギーは、最大限に蓄える
飢餓(きが)に備えてエネルギーを節約し脂肪を蓄える遺伝子のことを言います。

この「倹約遺伝子」で日本人の「痩せ型糖尿病」が増えているそうです。
他人事ではないようですヨ!

そこで正義の味方「大豆」の登場です。

大豆には倹約遺伝子を持つ日本人がおちいりやすい
Ⅱ型糖尿病を防ぐ力があるそうです。

また、「大豆」にはさまざまな効用があって。
大豆に含まれるイソフラボンは更年期障害の予防にも効果があり。
また大豆をとることで閉経後の血圧上昇が抑えられるそうです。

また、イソフラボンの摂取量が多い地域の女性は肌が美しく
同時に長寿で、日本人女性の肌は世界的にみても美しいとされてますが
これは大豆食品をたくさん、とっているからと言われています。

痩せ型糖尿病」の原因には他にも筋肉内の脂肪筋もあるようです。

脂肪筋とは筋肉内に溜まる脂肪のことで
例えば「痩せ型の糖尿病の人」と「痩せ型の糖尿病でない人」を比較すると
「痩せ型の糖尿病の人」のほうが脂肪筋が平均して2倍以上高いことも分かっているそうです。

怖いです・・・。

 

【スポンサーリンク】

日本人は脂肪筋になりやすい民族で脂肪筋になりにくくするためには
やはり運動が大切だそうです。
普段ウォーキングなど、たくさん歩いたり体を動かしている人は
高脂肪食をとっても脂肪筋になりにくく。

1日の歩数が2,000歩以下の人は脂肪筋になりやすく
1日1万歩を超える人は脂肪筋になりにくいと言います。

私もふくめて、みなさん今日から歩きましょう体を動かしましょう。

コメントを残す

*

このページの先頭へ