私がいつもガソリンを入れてるガソリンスタンドはセルフのコスモ石油なんですが、こんな看板がありました。

 

カーリース

カーリースの看板です。普通カーリースと言うと会社などが社用車をリース車でまに合わせるイメージですが最近では個人でもクルマを買わずリースする時代なんですね。

カーリースをザックリ解説

カーリースとは支払いの合計金額、つまりリースしたいクルマの登録に必要な手数料や各種税金、自宅までの納車費用から契約期間に合わせて残存価格を引き、残った金額を契約期間の回数で割、月々定額で支払う仕組みがカーリースです。

例えばリースしたいクルマにカーナビとETCを付けた合計価格が300万円のクルマを月々3万円で3年契約した場合、あなたが支払う金額は108万円残り192万円が残存価格になります。

残価

とみお

残存価格がくせ者なんです

個人向けカーリースは得か損か

カーリースといえば、借りるものなので自由がきかないというイメージがありますが「レンタカー」や「カーシェアリング」とは違ってリースできる車種やグレード、さらにはオプションまで自由に選択できます。

ですから新車を購入するときのように「自分だけの車」に仕上げることもできます。

しかし、個人向けカーリースは、契約期間が終了すると車を返却する必要があります。たとえばこちら、上の看板のリース会社です。

↓  ↓  ↓

などは返却が必要です。ですのでリース期間中にキズを付けたり(例外あり)改造などした場合は元に戻す必要があります。

しかし、中にはオリックス自動車のように、契約期間終了で自分の車になるカーリースもあります。

個人向けカーリースの損なところは?

リース車を契約する上でほとんどのカーリースが共通することは中途解約ができないことです。

カーリースはリース会社か自動車メーカーからクルマを買い取り、あなたに貸し出す仕組みなので「飽きたから返します」と言われてもリース会社は困ります。

そこで、あなたに対して「違約金を払ってください」ということになります。
なので、あなたがカーリースをしたい場合は、その車に何年乗り続けるかをしっかり考えないといけません。

また、リース会社によってはリース期間満了時に自分で取り付けたナビやオーディオ、アルミホィールなどを元の状態に戻す必要があるので気をつけないといけません。

とみお

アパートでも借りた部屋を出て行くときに家具や自分で取り付けた棚などを取り外さないといけませんよね、それと同じなんですね

それともう一つ、リース契約には「走行距離制限」が設定されてる場合があります。毎月の走行距離を契約時に設定し契約満了時に設定距離をこえてる場合1Kmあたり3円から10円程度で精算しなければならないなどの制約があります。

あなたがドライブ好きで休日にはよく遠出するとか、通勤に片道1時間は走るというような場合は、カーリースを契約するまえに1ヶ月の走行距離をザックリでも調べたほうがいいですね。

最近は月間の走行距離を長く設定したカーリースもあります。

値引きやサービス品は期待できない

あと、メーカーのディーラーなどで新車を買う場合に営業マンと直接、値引きやサービス品の交渉などができますがカーリースの場合は値引きやサービス品は期待できないでしょう。

また、カーリースの場合はオイル交換や車検などは指定された工場で受けることになります。

たとえばトヨタの新車をリースした場合、クルマはトヨタのディーラーから納車されますがオイル交換や車検は納車してくれたディーラーの整備工場ではなく、聞いたこともないカーショップだったり整備工場だったりします。

もちろん、都合よく自宅から近い場所に整備工場があるとは限りません。

信頼できるディーラーで整備をしたいからと、指定された整備工場以外で受けると費用は実費になります。

個人向けカーリースの得なところは?


1,早いサイクルで新しいモデルに乗り換えることができる。

2,短期間で契約すれば故障のリスクが無い。

3,オイル交換(オイルフィルターも含む)のお金を準備しなくてもいい。

4,毎年来る自動車税を払わなくていい。

5,車検のお金(自賠責保険料や重量税などの諸費用も含む)を準備しなくていい。

カーリースの得なところは何と言っても、短いサイクルで新車に乗り換えたり、新しいモデルが出るたびに乗り換えることができます。

また、最近のクルマは壊れにくくなったと言いますが、さすがに5年以上も乗り続けると何かと不具合も出てきます。

そろそろガタが出てくる3~5年を目安に契約をすれば故障のリスクを避けることができます。
クルマの維持で、わずらわしいのがオイル交換や車検などの費用。これらの費用を準備しなくていいのも助かります。

手持ちのお金が要らない

最初に頭金などの現金も必要ありません。

もちろん頭金を納めることもできます。そうすれば月々の支払いも楽になりますヨ

もちろんカーリースではなく、頭金なし、ボーナス払いなし、均等払いでローンを組んで新車を買うこともできますが、クルマのローン返済以外の突然の出費があったり、途中で税金だの車検だのと出費も考えると、いくらかの頭金やボーナス払いなどの現金を用意したほうがいいでしょう。

その点、リースの場合は頭金や新車を登録する諸経費、毎年の自動車税、車検代からオイル交換の費用を月々の定額で返済ができるので税金や車検のお金を貯めておく必要はありません。

ただ、ここで気をつけたいのは頭金は要らないと言っても「最初の支払い額が2ヶ月分必要です」というカーリースもあるので契約をするときには、しっかり確認したほうがいいでしょう。

リース料の支払いは口座引落やクレジットカードでの支払いもできます。クレジットカードで支払う場合はリース会社と提携していないクレジットカードもあるようなので前もって確認したほうがいいでしょう。

また、あとになって「ナビがほしい」「ETCがほしい」「バックカメラも付けたい」なんてことにならないように、それらをオプションとし一緒に契約をしてしまえば、あとからの出費もなくなります。

ですので極端な言い方をすると契約満了時までガソリン代だけ負担すればいいことになります。

もちろん、キズを付けたり壊してしまった場合は自分で修理するのはリースでも同じです。ただ、飛び石などの小さなキズやシートや内装の汚れも故意に汚したつもりはなく普段の使い方で汚れた場合は、そのまま返却すれば大丈夫です。

カーリースに向かない人、向いてる人

スポンサードリンク

カーリースに向いてる人、向かない人をまとめてみました。

向いてる人

カーリースは経費としてあつかわれる

法人はもちろん、個人事業主の人でも税金面でも有利になる。

結婚したばかりの人

突然の転勤や出産でクルマの維持が大変でも短い契約期間を始めに設定しておけば、予期しない事態でも対応できます。

安心な定額を利用したい人

毎月、同じ金額の支払いだけを考えればいいので楽。オイル交換や車検代を考える必要がない。

ニューモデルに乗りたい人

ローンが残ってるから、今のクルマを下取りに出せない。出せても残金分を差し引くと下取り価格は当てに出来ない。

しかし、短期間のリース契約を繰り返すことで、いつもニューモデルに乗り換えることができます。

向いてない人

クルマを乗りつぶす人

新車でも中古車でも買ったら10年以上は大事に乗る人はカーリースは向きません。

カスタマイズしたい人

カーリースは返却が前提ですから自分の好きなようにクルマを改造できません。もちろん返却するときに元に戻せばいいのですが面倒ですね。

クルマはいつもキャッシュで払う人

カーリースも金利が付きますからキャッシュで払える人にはムダです。

好きなだけ走りたい人

カーリースの場合、クルマの走行距離に制限があります。制限を超えてしまうと返却のときに残価価格に影響がでることもあります。

まとめ

車を買い換える予定がある場合にカーリースを選択するのも「あり」かもしれません。

「なにかとカーリースの場合は制約があってめんどくさそう」と思いがちですが普通の使い方をする分にはローンで車を買うのもリースにするのも違いはないようです。

「昔は車検の時に車を買い換えるとか5年くらいで買い換えるという人はカーリースは割高になるため止めたほうがいい」という話しもありましたが、今はカーリース業界も競争が激しくなり走行距離制限が長くなったり金利も少なくなったり、契約期間も1年から設定できる会社も出てきました。

さらに、契約期間が終われば返却せずに自分の名義にできるシステムもあります。

こうなると、走行距離制限も改造も自由ですし、キズやヘコミも修理しないで乗り続けることもできます。

どうでもいい豆知識

車のガソリンや軽油を入れる場所をガソリンスタンドと言ったりしますがSS(サービスステーション)と言うこともあります。
では、ガソリンスタンドとSS(サービスステーション)の違いはなんでしょうか?

ガソリンスタンドは、ただガソリンや軽油など燃料を入れるだけのお店でサービスステーションは燃料を入れてる間に無料で車のガラスなどを拭いてくれたり簡単な点検をしてくれるなどのサービスを提供してくれる親切なお店のことです。

ですからセルフとは違いスタッフがサービスをしてくれるお店の燃料の単価がちょっとだけ高いのはしょうがない話しなんですね。

スポンサードリンク