蓄電池

蓄電池の訪問販売には気をつけて!後悔しないためのトラブル回避法

蓄電池

蓄電池の訪問販売が月一で来ていたので正直ウザイと思っていたのですが、今回ちょっとだけメリットがあるかもしれないと思い、話しだけ聞くつもりがまんまと話しに乗せられ蓄電池を買ってしまいました。

あとで後悔することとは想像もしないで・・・。

スポンサーリンク

蓄電池の契約を決めたきっかけ

  • 13年前に取り付けた太陽光発電のパワーコンディショナーが壊れていたが「無料で交換できる」と持ちかけてきた。
  • IHクッキングヒーターをサービスすると持ちかけてきた。
  • 蓄電池もIHクッキングヒーターも保証期間は15年と持ちかけてきた。
  • 停電になっても家中の部屋の電気が使えると持ちかけてきた。
tomio
この家に25年住んでますが停電になったことは1度もありませんが・・・。
tomio
営業マンとのやり取りは必ず録音をしてください。

まず始めに太陽光発電のパワーコンディショナーが保証期間が終わった1年後に壊れてしまい修理するのに30万円くらいの費用が必要と言われてそのまま放置していました。

tomio
電気の買取価格も6分の1になっているのでいまさら修理しても元は取れないと判断しました

ところが蓄電池の訪問販売の営業マンが「蓄電池を契約してくれれば、今よりも性能が良くなったパワーコンディショナーを無料で交換します」と持ちかけてきました。

これは、いい話しだとと正直、喜んだのですが無料も何も蓄電池を設置するには、今あるパワーコンディショナーを交換しないと蓄電池とパワーコンディショナーはセットになっているから交換するのは当然なんですね。

さらにIHクッキングヒーターをサービスすると持ちかけてきました。

我が家のIHクッキングヒーターは3つあるコンロの内、1個が電熱式で2個がIHクッキングヒーターなんですが向かって右側が壊れて左側の1個しか使えない状態でした。

残り1個が壊れたら買い換えるしかないと思っていたところ、営業マンが「蓄電池を契約してくれたら一番良いIHクッキングヒーターをサービスします」と持ちかけてきたのです。

tomio
カタログでは定価40万円と載っていました。

サービスと言っても蓄電池の本当の値段なんて素人には分かりませんから、蓄電池の値段をごまかして、その中に入れてしまえば「一番良いIHクッキングヒーターをサービスします」と太っ腹なことを言えると思いますが・・・。

さらに、もっといい話し「蓄電池もIHクッキングヒーターも保証期間を15年にします」と持ちかけてきました。

営業マン
蓄電池を契約してくれたら今回に限りIHクッキングヒーターの保証を15年にします

保証期間は蓄電池に関してはどこのメーカーでも15年保証が付いているようです。

ただ、IHクッキングヒーターはカタログで見ると10年でした。メーカーは三菱です。

ここでも、営業マンは「もし、蓄電池を契約してもらえば今回に限りIHクッキングヒーターも15年の保証を付けます」と持ちかけてきたのです。

tomio
これが、のちのちトラブルの原因になるのですが・・・・。

10年でも長いのに15年の保証が付くなら安心だし、蓄電池はちょっとだけ興味があったので契約してしまいました。

蓄電池

蓄電池

蓄電池

蓄電池

全部のお値段?

蓄電池 シャープ JH-WB1921     IHクッキングヒーター 三菱 CS-PT316HNSR(サービス品たぶん)+工事費=220万円(税込)

tomio
ハッキリ言って、高いのか安いのかわかりません。あなたのお宅にセールスが来たら参考にしてください
スポンサーリンク

電気代は変わった?

取り付けたのは7月の始め、子どもは夏休みで日中エアコンを使うし、夜は寝苦しくてエアコンを使うしエアコンはフル稼働でした。

下の表は昨年の太陽光発電だけと、今年の太陽光発電と蓄電池を組み合わせたときの電気代を比較したものです。2ヶ月分しか比較できませんがこんな状態です。

2021年9月

太陽光発電+蓄電池

3,793円2020年9月

太陽光発電だけ

5,596円
2021年8月

太陽光発電+蓄電池

4,279円2020年8月

太陽光発電だけ

7,562円

我が家の蓄電池の設定は自称AIが翌日の天気予報を読み取って、晴れなら昼のあいだは太陽光で発電した電気を家で消費しながら、余った電気を蓄電池に充電し、さらに余った電気を売電するやり方。

翌日が雨の予報なら電気代が安い深夜割引の時間帯で蓄電池に充電して翌日、家で消費するやり方になっています。

蓄電池は必要?

営業マンは「電気代は1年を通してトータルで見て欲しい」と言ってました。

そう言っておけば1年はクレームは来ないと思っているのでしょう。

それに1年も過ぎれば担当営業マンに対して「あいつは嘘つきだ」と言っても後の祭り、手遅れですし。

我が家は取り付けてまだ3ヶ月目に入ったばかりなのでまだ分かりませんが、前の年の太陽光発電が壊れていない同じ月で比べると2,000円~3,000円くらい安くなっています。

おそらく、年間で見ても蓄電池を設置する費用を考えても元は取れないでしょう。

tomio
ちなみに太陽光発電が壊れていた時の電気代は10,000円を超える月がありました
誰!?
じゃ、どうして蓄電池を購入したんですか?
tomio
ただ、新しい物が好きなだけなんです。ただのミーハー。

災害があり何日も停電が続けば蓄電池のありがたさを実感できるかもしれませんが、それも災害で家が残っていればの話し。

家が無くなったしまえば蓄電池なんてクソの役にもたちません。

まとめ

今だから言えますが我が家は太陽光発電にエコキュート、さらに蓄電池まで付けてしまいましたが、その分不安材料が残りました。

機械ですから、いつかは壊れます。

保証も永久に付くわけではありません。

修理代も準備する必要があるし、メンテナンスも必要だし「余計な物を買って重荷をしょってしまった」と言うのが正直な感想です。

繰り返し「今だから言えますが」余計な物を買ってしまいました。

人の生活は質素が1番です。

質素な生活なら、余計なことを考えない穏やかな生活が楽しめます。

トラブルって何があった?

「IHクッキングヒーターの保証は通常10年なんですが今回、蓄電池を契約してくれたら特別に15年にします」と営業マンは言ったはずなんですが、いつまでたっても15年と書かれた保証書が送られてこなくて、何度も催促しました。

IHクッキングヒーターのカタログを改めて見ると保証は10年と書かれているし、不安になり営業マンに電話で確認をすると「特別、今回は15年にできましたから安心してください」とハッキリ言いました。

ところが何度も催促して、やっと送られてきた保証書には10年と書かれていました。

しかも、この保証書は紙の保証書ではなくメールからダウンロードする物でした

営業マンに電話をすると「保証は10年です。15年と言った覚えはありません」と言ってきます。

こちらとしては15年と書かれた契約書もなく口約束だけで、録音もしていないので証拠もありません。

まさに、泣き寝入りです。

工事が終わってしまうと営業マンの対応も遅くなり、補助金の申請に必要な書類も送ってこないし、あんなに愛想の良かった営業マンが信用できなくなり人間不信になってしまいました。

幸い、蓄電池もIHクッキングヒーターも偽物ではないようですから保証期間だけは諦めるしかありません。

tomio
追記 営業マンとのやり取りは絶対に録音しましょう

 

スポンサーリンク
蓄電池
最新情報をチェックしよう!