物忘れにはココナッツオイルが良さそうです。

最近、「物忘れがひどい!」なんて思ったことありませんか?
私にとっては日常のことですから、気にはしてませんけど・・・。

ただの「物忘れ」だと思ったらこれがアルツハイマー病だったり
認知症の初期症状だったら心配ですハイ!

027

他人事とは言えない「物忘れ」この物忘れは高齢の人によく出る症状だと
思ったら大きな間違いだそうです。30代、いや、それ以前から「物忘れがひどい」という経験のある人は
多いそうです。
そこで「人ごと」とは言えない「物忘れ」の原因を私なりに調べてみました。

「物忘れ」の症状がでるのは脳機能の低下が原因のようです。

一般に「認知症」と言われています。
よくアルツハイマー病と認知症は同じだと思われてますがどちらも
似たような症状がでるために、そう思われているようですが別物のようです。

アルツハイマー病には認知症を引き起こす原因になる病気で
アルツハイマー型認知症と呼ばれてる認知症があるようです。

アルツハイマー病の予防はできないの?

人の体は食べ物に含まれる炭水化物を体内でブドウ糖に変え
変えたブドウ糖をエネルギーに変えて動いています。

このアルツハイマー病の原因は脳がブドウ糖を上手に利用できず
エネルギーに変えれないために脳細胞の働きが悪くなり老化していく現象のようです。

このアルツハイマー病を治療するのにケトン食療法がすすめられています。

ケトンとは脳に必要な栄養を与えるために肝臓でつくられる
特別に高いエネルギーのことだそうで脳にはいつも
ブドウ糖かケトンのどちらかが与えられていますが
認知症になるとブドウ糖をエネルギーに変えることができないために
ケトンを与えることが必要になってくるそうです。

スポンサーリンク

 

 

しかし、ケトンは血糖値が低いときにだけしか、つくることができなくて
炭水化物をとる量を少なくして、必要なカロリーとタンパク質を
脂肪からとる必要がでてくるそうで、これをケトン食療法といいます。

普通は1日のカロリー摂取の60%が炭水化物と言われてますが
ケトン食療法では、炭水化物の摂取量を2%前後にする必要があり
他の栄養素を、脂肪かタンパク質でおぎなう必要がありますが
その食事療法を続けることは非常に難しいとも言われています。

そこで出てくるのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は
血糖値や食事中の炭水化物の量に関係なく、体の中でケトンに変えられます。
つまり、どんな食事でも適量な中鎖脂肪酸を加えることで
ケトン食療法ができるそうです。

普段からココナッツオイルを食事などに使うことで
アルツハイマー型認知症の予防をすることができそうです。
またココナッツオイルを加工したサプリもあるので
こちらも手軽に取れていいかもしれません。

その他にもココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は
体内に残らず肝臓に運ばれエネルギーに変わり
余分な脂肪も燃焼させてくれるのでダイエットの効果も期待できるそうです。

また、ココナッツオイルはラウリン酸が多くふくまれるため
善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす働きもあり抗菌
抗ウィルス作用があるため免疫力を上げることもできます。

ココナッツオイルはスーパーフードの代表!

物忘れ予防に効果のあるココナッツオイルは健康はもちろん
美容に効果のあることのほうが多くの女性に人気があるようです。

 

脂肪の燃焼を助ける。
コレステロール値を下げる
便秘の改善
シミやしわなどの減少

など女性にはうれしい効果のあるココナッツオイルを毎日の食事に
積極的に取り入れたいですネ!パンやお菓子に使うのはもちろん
バターの代わりとして積極的に料理に使いましょう。
ココナッツオイルはスーパーフードの代表格と言えそうです。

【広告】


ココナッツオイルプカプカ

良いことばかりのココナッツオイルですがちょっとだけ注意が必要なのは
もともと日本人の食生活にココナッツオイルはありませんでした。

そのため人によっては一時的に
吐き気、下痢、疲労感、発疹などの症状が出る人もいるそうです。
ですから最初は食べ物と一緒に小さじ1杯から始めたほうがいいようです。

保管方法は?

ココナッツオイルは20~25度くらいで液状になり冷えると固まり
それを繰り返しても老化することはありません。

ですから常温でも冷蔵庫での保管でもどちらでも大丈夫です。
酸化しにくいため開封後でも2年間は保存できます。

ただ、水や異物が混入するとカビが生えることがあるので
容器から小分けする時に異物が混入しないように注意が必要です。

物忘れ予防のために明日からと言わず
今日からココナッツオイルをためしてみますか?

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ